読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exfreeterのブログ

一念発起した。今日から頑張る。元ニートでもやれる。

眠れない夜にW杯優勝予想

サッカー

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2014年 1/16号 [雑誌]

あー、また昼夜逆転する...。
今年も仕事は終わりかなーと思って気を抜いてしまいました。
まあ、フリーランスに仕事納めもクソもないんですが...。

今週発売のNumberを買った

寝れなかったんで、暇つぶしにコンビニに行くことにしました。
とりあえず、適当に雑誌でも立ち読みして、お茶でも買って帰ろうかと。

20代前半くらいの女性アルバイトと30代後半くらいの男性店長のイチャイチャ系な会話を横目に5分ほど立ち読みしていたんですが、2人の会話が気になりすぎて読んでる雑誌の内容が全く頭に入りません(笑)
でも、内容は面白くて、ちゃんと読みたかったので、仕方なく買うことにしました。

というか、あの2人は出来てると思いますね。
夜中に行くと大抵は今回の2人のシフトだし、いつもイチャイチャな雰囲気出してるし。

買ったのは今週号のNumberだったのですが、特集は「W杯の(日本の)対戦国研究」でした。(上に画像で貼った奴)

そうだ、W杯優勝予想しよう

雑誌の内容は、本田、長谷部、ザッケローニ、オシムなどが来年のW杯での展望や日本の対戦相手について語る感じでした。
サッカー好き・Number好きとしてはけっこう良かったです。

その中に、松木安太郎・福田正博・名良橋晃の3人がグループリーグの勝ち上がり予想と優勝国予想をするコーナーがありまして。
それを読んだ時に「あ、ブログで優勝予想しよう」と直感的に思いまして。

というか、今月の頭くらいに書いた

W杯、日本は恵まれた組合せに - exfreeterのブログW杯、日本は恵まれた組合せに - exfreeterのブログ

グループリーグの組合せが決まりましたね。友達の部屋で抽選会の生中継見ましたが、ペレとかジダンとかケンペスとか来てて豪華でしたね。で、一番気になる日本の組合せなん...

という記事の中で

次は優勝国予想でもしようかな。

とか書いてたのを思い出したというのもあって。

てなわけで、予想しようと思います。

識者3人の予想は?

僕の予想を書く前に、上記の3人はどのように優勝予想をしたのでしょうか。
詳細に興味のある方はNumber本誌を読んで頂くとして、とりあえず3人の予想結果だけ書いておきます。

  • 松木安太郎

本命: ブラジル 対抗: ドイツ

  • 福田正博

本命: ブラジル 対抗: アルゼンチン/ドイツ

  • 名良橋晃

本命: アルゼンチン 対抗: ブラジル

めちゃ手堅い!
というか、ぶっちゃけ僕もほとんど同じ!(笑)

僕の優勝予想(合理的・現実的)

では、僕の予想を。
さっき書いたように、合理的・現実的に考えると3人と同じような予想になりそうです。

まず、W杯は「一試合毎で見ると波乱はちょこちょこ起きるけど、優勝するのはお馴染みの国」みたいな大会だと思うので、基本、「台風の目」とか「ダークホース」とか言われてる国は優勝は無いと思います。
ベルギー、コロンビアあたりですね。
優勝どころか、ベスト4もないと思いますけどね...。
僕が初めてリアルタイムで見た94W杯で、めちゃくちゃ騒がれてたコロンビアが一瞬で敗退したことで、僕の中での「ダークホースは評判倒れ」というイメージがついてしまった感じです...。

あと、アフリカ勢の優勝もないと思います。
僕がサッカーを見始めた頃には、既に「これからはアフリカの時代になる」とか言われてたんですが、全くそうなってません。
優勝どころかベスト4に進んだ国も出てません。
さすがに僕が生きてる間には優勝するかなとは思いますが、今回は無いだろうなと。

で、現実的に考えた場合、本命は無難にブラジルですね。

去年の日本戦(0-4で日本がボコられた)を見た時に、「今回のブラジルはヤバイ」と感じたんですが、非常に「負けにくそうなチームだな」という印象を受けたんです。
もともとブラジルはカウンターが世界一上手いチームだったと思うんですが、今回は特にそれが際立ってるなというか。
ボランチとDFに凄く優秀な選手が揃っていて、その激しい守備からの超高速カウンターは脅威だなと。
一昔前のようにFWやMFに派手なタレントが揃ってるわけではないんですが、その分、全体的な手堅さは凄いなと。
コンフェデでも強さを証明しましたし、開催国という圧倒的なアドバンテージもありますし。

対抗は、ドイツとアルゼンチンですかね。

ドイツはそろそろ優勝しそうなタイミングなのかなと。
90年代半ば~00年代半ばの停滞期を脱し、W杯2大会連続で3位と(EUROも連続で好成績)、近年ずっと世界トップクラスの実力を持っていたと思うのですが、あと一歩頂点には届いてない状況でした。
スペインとイタリアにことごとく阻まれていた印象があるのですが(06W杯準決勝と12EURO準決勝はイタリアに敗退、08EURO決勝と10W杯準決勝はスペインに敗退)、特にスペインにはコンプレックスを持っていそうでした。
が、そろそろ勝つんじゃないかなと思っています。
スペイン自体が若干ピークを過ぎた感じがするのと、昨シーズンのCLでバイエルンとドルトムントがバルセロナとレアル・マドリーを粉砕したことで、スペインに対する苦手意識も払拭されたのではないかなと。
技術的にもフィジカル的にもレベルの高い選手が揃ってますし、世界一のGKノイアーもいますし、相当強いのは間違いないです。

アルゼンチンに関しては、メッシに伝説になって欲しいという願望もありますが、組合せに凄く恵まれてるので、それが大きいなと。
W杯は組合せがかなり影響すると思っていて、近年の優勝国である98のフランス、02のブラジル、06のイタリア、10のスペインと、少なくともベスト8に進むまでは優勝候補級の国とは当たってないんですよね。
今回のアルゼンチンはグループリーグは非常に恵まれましたし、決勝T1回戦も精々フランスとかスイスとかエクアドル。
グループリーグから死闘続きが予想されるスペイン、オランダ、イタリア、ウルグアイ、イングランド、ドイツ、ポルトガルなどの他の強豪国よりはかなり恵まれてると思います。
そういう意味で、純粋に戦力だけで見ればそこまで抜けてるとは思いませんが、組合せの幸運込で、アルゼンチンは有利かなと。

さすがに無難過ぎるので

本命がブラジルで対抗がドイツとアルゼンチンだとさすがに無難過ぎるし、そもそも上で書いた3人の予想と被りすぎだし、ちょっと変化球的な予想を最後にしたいと思います。

94年大会を見て感動して以降、毎回、優勝予想をしてから大会に臨んでいました。
ですが、当たったのは10のスペインだけです...。
98はブラジル、02はフランス、06はブラジル、10はスペインと予想してたんですが、昔からのサッカーファンの方なら分かると思いますが、これらは全部その当時のド本命なんですよ(苦笑)
どうも手堅く予想してしまう癖があるみたいで...。

で、その手堅い予想を何度も裏切られた経験と、上で書いた「一試合毎で見ると波乱はちょこちょこ起きるけど、優勝するのはお馴染みの国」という傾向を踏まえまして、優勝経験国だけど本命視されてない国を予想すると当たるんじゃないかなと考えています。

結論から言うと、ウルグアイです。
まったく合理的な根拠はないです。
そもそもグループリーグは屈指の死の組だし、上で言ったことと思いっきり矛盾してますけど、南米で開催されるということで、とりあえず南米の国にしとこうかなと。
後は、スアレスはマジで半端ないので、彼の爆発に期待して。

てことで、現実的本命はブラジル、経験則的本命はウルグアイでお願いします。

以上です。
寝ます。