読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exfreeterのブログ

一念発起した。今日から頑張る。元ニートでもやれる。

子供の頃から大吉ばかり出ていたから自分が運の強い人間だと思い込んでいた話

雑記

はてなブログおみくじ2014

はてなブログおみくじ2014やってみました。
末小吉...。
何なんすかこれ...。
こんな種類あったのか...。

とにかく2014年も頑張ります。

子供の頃から大吉しか出たことがなかった

末小吉とか出しておいて説得力無いんですが。

僕は、なぜかおみくじで大吉ばかり出る子供でした。
我が家は毎年元旦に近所の神社で皆でおみくじを引く習慣があったのですが、物心ついた時から大吉以外出た記憶がなくて、高校の頃に初めて大吉以外が出た時は「俺の人生は終わった!」と思うくらいに衝撃でした(笑)

多分、10年以上連続で大吉が出ていたと思います。

おかげで自分が運の強い人間だと思いこめた

この大吉連発のおかげで潜在意識(?)に「自分は運が良い」と刻み込まれたのか、人生の節目毎の大勝負でもほとんど緊張せずにすみました。
緊張しないだけで実力は伴わないことも多かったので、大して良い結果を出してこれたわけではありませんが、「緊張で力を発揮できなかった」という経験をせずに生きてこれたのは確かです。
苦しい状況になっても、「きっと俺は何とかなる」と無邪気に信じることが出来たというか。
まあ、そういう無駄なポジティブ気質のおかげで、ニートをやっていてもなかなか危機感を持てなかったんですけどね...。

どうも子供には大吉を渡していたらしい

これは大人になってから親から聞いたことなんですが。
どうも僕らが通っていた神社では、正月に子供がおみくじを引く時は大吉とすり替えていたらしいんです...。
その理由とか方法とかには興味ないですが、それを聞いた瞬間はさすがに若干ショックでしたね...。
今まで僕を支えてきた物が、音を立てて崩れていくような気がして(笑)
とはいえ、すでに大人になっていて鋭い感受性を失っていた僕は、良い意味でも悪い意味でも性格が変わったりすることはなく、今に至るまで無駄にポジティブな性格は継続中です。

冷静になって振り返ってみれば、「俺って不運だな〜」と思わざるをえない事案も多々ありましたし、人の運なんて大抵はプラスマイナスゼロに収まるんじゃないかと思っているので、「俺は運が強いんだー」なんてのは単なる思い込みだったんだと思います。
でも、子供の頃からずっと怠惰で、コツコツとした努力をほとんど出来なかった僕が、これまで何とかまがりなりにも生き抜いてこられたのは、「いざとなれば幸運に恵まれて何とかなるさ」という根拠のない思い込みだったはずなので、そういう意味では近所の神社には感謝していますね。
僕が子供の間に種明かしをしなかった周りの大人にも。

2014年の目標(?)

新年一発目ということで、おみくじに絡めた話にしようと書き始めたのですが、とりとめのない昔話に終始してしまいました。
今年は、「推敲してから書く」ということに挑戦していきたいです。
思いついたことから連々と書いていくというスタイルに限界を感じているので...。

以上です。